--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月06日 (日) | Edit |
シーバス行ってきましたが、、、、、、

アタリも全く無く、一切釣れませんでした!!
シーバスさん、どこに行っちゃたんだろう・・・・orz
このポイントは最近行き始めたうえに、行動範囲が狭いオイラには見当もつきません

さて、ここからは言い訳です↓(笑)
興味のない方はスルーでお願いします(笑)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
現着。風もほど良く、イイ感じに波気があって釣れそう
期待しながら投げても、、、投げても、、、、魚信は一切なし!!
珍しく、ボイルも一切なし!!

なんか、これじゃあ移動しても傷口が深くなりそうな気がしたのでそそくさと帰ろうとしていたら、大人なルアーマン二人組登場!!
そのうち一人に話しかけられ、いろいろと状況を聞かれました。
あーだこーだ話しましたが、その人も下流~中流域を何カ所かやってきたが、全然ダメとのこと・・・
話し終わると二人組は帰って行かれました・・・・

すると目の前に潮目+橋脚のヨレというよさそうな変化が出現

そこ目掛けて投げること数十投・・・




ヌゥ~  ドンッ!








2010 6/5 
藻と草のかたまりorz

いつのまにか潮目もなくなってたのでソッコー撤収です

でも、どこも釣れてなかったらしいからしょうがないか
いつもより帰る足取りの軽いオイラなのでした

おしまい
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
藻とか海草って小さい塊でも、けっこう重たいですよね…
おー!つれた!…海草かよ…
↑自分はよくありますw

どこでも釣れないなら仕方ないですよ!
2010/06/06(Sun) 23:53 | URL  | ローリグナイト #-[ 編集]
No title
>ローリングナイトさん
塩水と真水が混じりあう汽水域というのは、塩水くさびとか塩分濃度とか溶存酸素などなど、ややこしい要因がたくさん絡まりあっててかなり複雑・・・。特に夏場は貧酸素状態というのになって、状況によってはシーバスもベイトも全くいなくなるようなんです(-_-;)
tapさんがかなり詳しいこと知ってました(゜o゜)

だから、海に釣り行こう\(^o^)/笑
2010/06/07(Mon) 16:20 | URL  | よっしー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。